運用成績

米国株週間成績発表【8週目】

どうも、銀虹です。

今週も頑張っていきましょう。

    

今週の成績はぱっとせずいまいちでした。

    

また、FOMC議事要旨でも年内利上げまたは、利下げはどちらともありうるとはっきりしない姿勢を示しています。

     

株式投資にするにあたって変化がないことがなにより退屈に感じるかもしれませんね。

    

米国株週間成績発表

   

今週は、NYダウが0%に対し、銀虹は-0.1%でした。

   

今週の出来事

 

9日、トランプはEU製品に対し約1.2兆円もの関税を課すことを表明しました。

これを受け、EU側も対抗措置として報復関税の準備があると牽制しています。

米欧間で貿易戦争が発生するとなると、いよいよ世界的な景気減速に突入することになるでしょう。

    

IMFのラガルド専務理事は会見で世界の7割もの地域で今後景気減速が発生すると発言しており、世界経済の見通しは暗いです。

     

世界全体として今年の成長率は+3.3%となり、来年は+3.6%になるようです。

アメリカというと+2.3%から一転して、+1.9%と成長が鈍化にするとのこと。

一方、EU圏は+1.3%から+1.5%とやや上がる可能性があります。

    

ただ、米欧貿易戦争が開始されると、上述した筋書き通りにはいかないことから、景気後退に向け我々は余剰資産を多めに用意する必要があります。

    

15~16日に日米物品貿易協定交渉

17日に米2月貿易収支発表があります。

   

↓モチベUPのためのポチっと応援♪センキュッ!

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA