企業分析

日本株週間成績発表【8週目】

どうも、銀虹です。

今週も一週間お疲れさまでした。

    

保有銘柄に変更があったので、成績を見ていきましょう。

    

日本株週間成績発表

     

     

今週は、日経平均が+0.3%に対し、銀虹は-1.0%でした。

    

約1年ほど掴んでいたイーレックスをすべて手放しました。

理由は、現金比率を上げるためと日本株は優待銘柄への投資スタイルに変更させたいからです。

    

イーレックス(9517)の株価チャート:出所 my Trade

     

売り方が下手だったため、去年の急落で半分売ってしまいましたのでイーレックスの損益に関してはトントンだと思います。

    

去年1年間を経て思ったことは成長株への投資は難しいということです。

ただ、これで諦めたわけではないのでもっと勉強して挑戦しようと思います。

    

エムケイシステムも大きな含み損を抱えていますが、信用取引をしていないため退場せずに済んでいることが何よりですね。

損しても株式投資をし続けて、失敗を次に活かすことで長期的には成功を掴むことができると信じています。

    

さて、エムケイシステムとじげんはうまいタイミングで売れることができればいいのですが、、、

    

今週の出来事

 

今週は日経平均が年初来高値をつけました。

米中株は年初から続伸しており、日本株は出遅れていたため、その調整かと思われます。

 

今週の良いニュースは

日銀の黒田総裁は日銀支店長会議で「国内景気は緩やか拡大している」という姿勢を崩しませんでした。

 

そして、2月の貿易収支も原油安の影響で貿易黒字額が拡大しました。

 

しかし、一方で悪いニュースは

内閣府が発表した3月の景気ウォッチャー調査が前回比で-2.7ポイント44.8になりました。

これは2年8ヶ月ぶりの低水準で世界経済の減速や人件費などのコスト増による企業業績の悪化が影響しています。

 

また、総務省が発表した日本の人口統計は8年連続で総人口が減少しました。

前年比で-0.21%で、これは1950年以来の水準となります。

1年間で42万人ほどの人口が減ったことになります。

42万人って平均的な中核市の人たちがまるごといなくなったってことですよね(汗)

 

以上のことから短期的にも長期的にも日本経済は厳しくなりそうです。

その中でも、僕たちは仕事や株式投資を通じて生き抜かねばなりません!

 

19日に3月の全国消費者物価指数が発表されます。

 

↓モチベUPのためのポチっと応援♪センキュッ!

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA