運用成績

保有株週間成績【2020年2月後半】

どうも、銀虹です。

今月の後半は、新型肺炎への懸念、21日に発表されたPMI指数が50を割ったことから米国株は下げました。

日本国内のGDPも大きく落ち込んだことにより、日本株も大きく売られています。

そんな中で、保有株の整理を行いました。

運用成績を見ていきましょう。

週間成績発表

BTI全部売却、PM一部売却

VMAを入れ替え

GSKMDTを全部売却

HSBCWFCを入れ替え

DISSBUXを新規購入

生活必需品銘柄が好調のため、今のうちタバコ銘柄比率を下げました。

決済銘柄はMAの方が成長性が良いと判断

金融株は米国企業へ入れ替え

一般消費銘柄にブランド力のあるDISとSBUX

どちらも中国発の新型肺炎の影響を受けています。

中華銘柄+エネルギーセクターもあってシノペックが大幅安・・・

流行り病ってエネルギーセクターにこんなに直撃するんですね。

一つ勉強になりました。

 

内需銘柄で固めててもこの下げです。

観光関連はもっとやばいんでしょうね。

欧米株は+0.7%、中華株は-1.8%、日本株は-4.7%、S&P500は+0.3%でした。

 

調整は友達。

来月もコツコツ購入しますよ。

あと、3月中にウイルス風邪は落ち着きますように。

 

↓モチベUPのためのポチっと応援♪センキュッ!

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA